自転車で警官へ突っ込む、少年を書類送検

社会 レスポンス

今年8月、高知県高知市内の県道で、歩道を無灯火走行していた自転車を抑止しようとした警官がはねられ、意識不明の重体となった事件について、高知県警は20日、自転車に乗っていた17歳の少年を公務執行妨害や傷害容疑で書類送検した。

高知県警・高知南署によると、問題の事故は2015年8月14日の午後9時10分ごろ発生している。高知市長浜蒔絵台1丁目付近の県道で、歩道部分(幅員約1.5m)を無灯火で走行している自転車を同署・地域課に所属する25歳の男性巡査部長が発見。職務質問のために抑止しようとしたが、自転車は減速しないまま巡査部長に衝突した。

巡査部長は路上へ転倒した際に後頭部を強打し、意識不明の重体。警察は自転車に乗っていた17歳の少年を過失傷害の現行犯で逮捕。翌日には釈放し、以後は任意で事情を聞いていた。

この結果、少年は減速しないまま警官に向けて故意に突進していたことが判明。公務執行妨害と傷害の容疑で書類送検した。警官は現在も意識不明の状態が続いているという。

  • 石田真一
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ