【スーパー耐久 最終戦】残り5分で大逆転、GTNET ADVAN GT-Rが総合優勝

モータースポーツ レスポンス

2015年のスーパー耐久最終戦鈴鹿の決勝が25日に行われ、No.1GTNET ADVAN GT-R(GAMISAN/星野一樹/吉田広樹組)が今季初の総合優勝を飾った。

今回は全クラス混合の3時間耐久レースで行われた決勝レース。序盤からST-Xを中心に波乱の展開となる。ポールポジションスタートだったNo.8ARN AMG SLS GT3もトラブルでガレージへ。序盤からレースをリードしていたNo.24スリーボンド日産自動車大学校GT-Rが左リアタイヤをバースト。すぐにピットに戻って緊急修復するが、スタートから30分が経過したところで再びバーストに見舞われてしまう。これにより左リアフェンダーのパーツがコース上に散乱。破片回収のためセーフティカーが導入された。2台とも修復を済ませ戦列に戻るが、大きく後退を余儀なくされてしまった。

セーフティカーがピットに戻りレースが再開されると、今度はST-4クラスでトップ争いをしていた2台が130Rでクラッシュ。2台ともマシンが大きく破損し一部コースをはみ出す形でストップ。2度目のセーフティカーが導入されることになった。

総合トップ争いはNo.16REAF REAL ESTEAT K;;Va BMWとNo.1GTNET ADVAN GT-Rの争いに。中盤は16号車BMWが先行するが、2時間を経過したところで、またしても後方でアクシデントが発生。3度目のセーフティカーが導入される。これで16号車と1号車の間隔が一気に狭まり、残り20分に再開。最後の最後で接近戦のスプリント勝負が展開された。先行する16号車の阿部翼が他クラス車との混走を巧みに使って逃げていくが1号車の吉田広樹が最後まで諦めず猛追。ついに残り5分というところで逆転に成功。そのまま今季初となるトップチェッカーを受けた。2位には16号車BMW、3位にはすでに今季のチャンピオンを決めているNo.3 ENDLESS ADVAN BMWが続いた。

ST-2クラスはクラスチャンピオンを決めているNo.59 DAMD MOTUL ED WRX STIが優勝。ST-3クラスはNo.39 SARD Racing RC350がポール・トゥ・ウィンで今季初優勝を飾った。

  • 吉田 知弘
  • スーパー耐久 最終戦 表彰式《撮影 益田和久》
  • 総合2位のNo.16REAF REAL ESTEAT K;;Va BMW《撮影 益田和久》
  • 総合3位のNo.3 ENDLESS ADVAN BMW《撮影 益田和久》
  • スーパー耐久 最終戦《撮影 益田和久》
  • スーパー耐久 最終戦《撮影 益田和久》
  • スーパー耐久 最終戦《撮影 益田和久》
  • スーパー耐久 最終戦《撮影 益田和久》
  • スーパー耐久 最終戦《撮影 益田和久》
  • スーパー耐久 最終戦《撮影 益田和久》
  • スーパー耐久 最終戦《撮影 益田和久》
  • スーパー耐久 最終戦《撮影 益田和久》
  • スーパー耐久 最終戦《撮影 益田和久》
  • スーパー耐久 最終戦《撮影 益田和久》
  • スーパー耐久 最終戦《撮影 益田和久》
  • スーパー耐久 最終戦《撮影 益田和久》
  • スーパー耐久 最終戦《撮影 益田和久》
  • スーパー耐久 最終戦《撮影 益田和久》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ