伊マニエッティマレリ、スズキのインド合弁とセミAT新工場を開業

業界 レスポンス

イタリアの自動車部品大手、マニエッティマレリは10月19日、インドに新工場を開業した。

マニエッティマレリは2007年、インドにおいて、スズキおよびマルチスズキと合弁企業を設立。新工場は、この合弁企業、マニエッティマレリ・パワートレイン・インディアが建設した。

新工場では、AMT(オートメーテッド・マニュアル・トランスミッション)を生産。AMTは、マルチスズキをはじめ、インド販売車の多くに用意しており、需要増が見込まれている。

マニエッティマレリのAMTは現在、マルチスズキの『セレリオ』『アルト』、タタモーターズの『ナノ』『ゼスト』などに搭載する。

新工場では、およそ115名を雇用。年間28万基のAMTを生産していく。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ