【東京モーターショー15】東海理化、2020年代の近未来コックピットを体験展示

テクノロジー レスポンス

東海理化は、10月30日から11月8日まで東京ビッグサイトで開催される「第44回 東京モーターショー2015」の出展概要を発表した。

今回のブースでは、東海理化が思い描く、2020年代の先進運転支援システムに適応したHMI製品を搭載したモックアップ「コックピット体験ゾーン」で、近未来のインターフェイスをショーステージおよび操作体験モードで紹介する。

ステアリング周りには、握ったままジェスチャー操作で素早く安全に操作できる「ジェスチャーデバイス」や、パッド上を指でなぞるだけで操作できる「パッドデバイス」を装備。そのほか、車室内照明で状態表示や警告提示を行う「アビエント照明」、操作状態のわかりやすさを向上した「吹き出し口一体ヒーターコントロールスイッチ」を備える。

また新型車に搭載された最新製品など人にやさしい製品を体感展示。「タッチパッド遠隔操作スイッチ」や「シフトバイワイヤセレクター」、「ホログラム加飾ステアリングホイール」などを紹介する。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • コックピット体験ゾーン
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ