住友ゴム、トルコ工場の開所式を開催…欧州市場向け乗用車タイヤ事業を強化

業界 レスポンス

住友ゴム工業は、トルコに同社グループとして初のタイヤ工場の開所式を、同工場敷地内で実施した。

開所式には、トルコのエルドアン大統領をはじめとする政府関係者、横井裕駐トルコ共和国日本国特命全権大使、首相府投資促進機関のアルダ総裁など、約1200人が出席した。

トルコ工場はチャンクル県に新設した。乗用車用ラジアルタイヤの製造拠点で、総投資額は約5億米ドル。タイヤの生産能力は今年末で日産4000本、2019年末には日産3万本に増強する。

トルコは、経済成長を背景に、自動車用タイヤの需要が増加しているほか、欧州、中東、北アフリカ、ロシア市場に近い。住友ゴムは、トルコ工場の本格稼動によりトルコと周辺市場にタイヤの供給体制を強化し、グローバルでのタイヤ事業の拡大を図る。

開所式では、エルドアン大統領が「トルコは日本の友人に対して協力を惜しまない。共に成長、発展していきたい」と述べた。

また、住友ゴムの池田社長は「トルコと日本の歴史的な出来事によって結ばれた絆を大切に、トルコの経済発展に貢献していきたい」と挨拶した。

  • レスポンス編集部
  • 挨拶するエルドアン大統領《画像 住友ゴム工業》
  • 挨拶する池田社長《画像 住友ゴム工業》
  • テープカットの様子《画像 住友ゴム工業》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ