【フェラーリ 488 スパイダー】歴代スパイダー史上最速、0-100km/hは3秒

新車 レスポンス

フェラーリ・ジャパンは6月にデビューした『488GTB』のオープンモデル、『488スパイダー』を発表した。価格は3450万円である。

「488GTBの持つパワフルな性能と、極上の“ドロップトップドライビングプレジャー”を、誰でもリラックスして楽しめるのがこの488スパイダーのコンセプトだ」とは、フェラーリ極東エリア統括マネージング・ディレクターのディーター・クネヒテル氏の弁。

過去、ミッドシップにV8エンジンを搭載したスパイダーのユーザーからは、「走る喜びとスリルを際立たせるオープントップドライビング。そして、遮るもののないダイレクトなエンジンサウンド。2名乗車するのに十分な室内の快適性とユーザビリティが高く評価されて来た」とし、今回の488スパイダーも、それらを踏まえたうえで、「新世代7速F1デュアルクラッチ・トランスミッションを組み込んだ新型エンジンは、スポーツスパイダー史上、最もパワフルな加速及びピックアップ性能を発揮する」とコメント。

ミッドシップV8オープンモデルの歴史を振り返ると、1977年にデビューした『308GTS』にまで遡る。GTSの名が付くクルマはタルガトップ形状(ルーフを取り外す形状)で、その後、『328GTS』、『348GTS』、『F355GTS』と3世代継続した。一方、フルオープンタイプは、『348スパイダー』が最初で、それ以降連綿と現在まで続いている。

クネヒテル氏は488スパイダーについて、「タルガとスパイダー双方のボディタイプの素晴らしい特徴を兼ね備えている」という。つまり、リアウインドウストッパーを下げた状態では、スパイダーならではのフルオープンドライビングエクスペリエンスが味わえ、上げた状態では、タルガ同様の優れたウインドウプロテクションを発揮するからだ。

また、「488スパイダーは、先代の『458スパイダー』の性能数値をあらゆる面で改善している」とクネヒテル氏。具体的には、0-100km/hの加速は3秒フラット(458スパイダーは3.4秒)。0-200km/hの加速は、8.7秒(同10.8秒)。また、フィオラーノサーキットのラップタイムでは、83秒(同85秒)となり、歴代スパイダーモデル中、最も高い性能を誇ることを強調した。

このクルマは、10月24日にコーンズフェラーリ名古屋ショールームで、10月26日から30日にかけてコーンズフェラーリ大阪ショールームに展示される予定だ。

  • 内田俊一
  • フェラーリ 488 スパイダー《撮影 内田俊一》
  • フェラーリ 488 スパイダー《撮影 内田俊一》
  • フェラーリ 488 スパイダー《撮影 内田俊一》
  • フェラーリ 488 スパイダー《撮影 内田俊一》
  • フェラーリ 488 スパイダー《撮影 内田俊一》
  • フェラーリ 488 スパイダー《撮影 内田俊一》
  • フェラーリ 308GTS(赤)とフェラーリ 348スパイダー(黄)《撮影 内田俊一》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ