【スズキ エスクード 新型】本格クロカンとCセグクロスオーバーの間を埋める

新車 レスポンス

スズキはコンパクトSUVの新型『エスクード』を発売した。これまでのエスクードは『エスクード2.4』として併売し、今回投入するクルマは新規投入モデルと位置付けられている。

スズキ第三カーライン製品企画の今枝怜史さんは、新型エスクード投入の背景について、「日本のコンパクトSUV市場を切り開いたのは日産『ジューク』だと思う」と述べ、「斬新なデザインのSUVだが、走行性能が図抜けているイメージはないのに、販売が好調だった」と説明。そこでその理由を調査したところ、「本格的なオフロード車に乗りたいというユーザーは、実際にはそれほど多くないのではないか。その一方、街乗りでちょっと車高が高くて、扱いやすいコンパクトな大きさのクルマが実際には求められている」ことが分かったという。

そこで、「コンパクトさと街乗りのしやすさ。そして、スズキの得意としている四駆の走行性能を合わせることで、何か面白いクルマを提案できないかということが出発点だった」と話した。

新型エスクードは、『SX4 S-CROSS』とプラットフォームや部品の多くが共通だ。今枝さんによると、「SX4 S-CROSSは少し大きなCセグメントで、ファミリーユース。そのポジションのクロスオーバーがコンセプト」と述べる。

そして新型エスクードは、「サイズがSX4 S-CROSSより小さいので、後席が少し狭くなりファミリーのユーザーは少し物足りないかもしれない。そこで、4人家族などのファミリーはSX4 S-CROSSに任せる」。そして、新型エスクードは、「カップルや子供が一人の3人家族に提案するクルマとし、本格4WDのエスクード2.4と、SX4 S-CROSSの間を埋めるポジションだ」とコメントした。

  • 内田俊一
  • スズキ エスクード《撮影 内田俊一》
  • スズキ エスクード《撮影 内田俊一》
  • スズキ エスクード《撮影 内田俊一》
  • スズキ エスクード《撮影 内田俊一》
  • スズキ エスクード《撮影 内田俊一》
  • スズキ エスクード《撮影 内田俊一》
  • スズキ エスクード《撮影 内田俊一》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ