マツダ、タイ新工場でSKYACTIVエンジンの量産開始…世界4拠点目

業界 レスポンス

マツダは10月26日、タイのパワートレイン生産拠点「Mazda Powertrain Manufacturing (Thailand) Co., Ltd.」(MPMT)で、エンジンの量産開始を祝う式典を実施した。

記念式典には、MPMTの川上英範社長兼CEOをはじめとする従業員や、マツダの菖蒲田清孝常務執行役員、藤川和久常務執行役員など、約400名が出席し、タイにおけるエンジンの量産開始を祝った。

MPMTのエンジン工場は、低燃費・低公害の小型車に優遇税制が適用されるタイのエコカー優遇制度(第2期)に対応して建設。日本の本社工場(広島市南区)、中国の「長安フォードマツダエンジン有限公司」、メキシコの「マツダデメヒコビークルオペレーション」に続いて、4拠点目となるSKYACTIVエンジンの生産拠点となる。

年間生産能力は約3万基で、現在生産している「SKYACTIV-D1.5」は、同国にある車両生産拠点「オートアライアンス(タイランド)Co., Ltd.」に出荷され、タイ市場向けの『マツダ2(デミオ)』に搭載される。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • Mazda Powertrain Manufacturing (Thailand) Co., Ltd.(MPMT)
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ