【ホンダミーティング15】1リットル3気筒のダウンサイジングターボエンジン…最高出力は130ps

業界 レスポンス

今年の初夏、新型『ステップワゴン』でダウンサイジングターボを初搭載したホンダ。ダウンサイズ戦略の次の一手は、2年前から予告されていたとおり、排気量1リットルの3気筒ターボエンジンだ。その市販用エンジンを搭載した欧州『シビック』を短時間試運転してみた。

1リットルターボの目標スペックは最高出力130ps。2年前のホンダミーティングでテストドライブしたときはまだ100ps程度という話であったが、今回は目標値を達成しているか、それに近いスペックであることをうかがわせるようなスピードの乗りであった。もちろん絶対パワーが限られているため、猛然と加速するわけではないが、本田技術研究所高速周回路のバンクを150km/hで抜けた後、直線区間の終わりまでに180km/hに達する程度の能力はあった。大衆車向けのエンジンとしては十分であろう。

振動・騒音レベルはきわめて低く抑えられており、フル加速時でも3気筒を意識させられることはなく、ハイスピードクルーズ時はエンジン音そのものがほとんど聞こえなくなる。1リットル3気筒といえばフォード『フィエスタ』に搭載されているものが名品として世に知られているが、それと比べても十分にアドバンテージを確保できるのではないかと思われた。

最高熱効率は37%とのことで、自然吸気エンジンのトップランナーにそん色ない数値。低負荷時の内部摩擦損失やポンピングロスの小ささを考えれば、燃費の点でも既存の自然吸気エンジンに置き換える価値は十分にありそうだった。組み合わされる変速機はMTとCVT。試乗車はCVTだったが、変速プログラムが流行の擬似ステップ変速に変更されており、加速フィールはより自然になっていた。

難点は回転上昇にともなう盛り上がり感に欠けており、のっぺりとした平板なフィールであること。これはこのエンジン固有の問題というよりは小排気量ダウンサイジングターボエンジン全般に言えることだが、回す楽しさは同じ130psクラスでも、自然吸気直噴1.5リットルのほうが上だろう。日本で搭載するとすれば、コンパクトカー『フィット』、『フリード』の上位グレードあたりか。

  • 井元康一郎
  • 1.0リットル VTEC TURBOエンジンを搭載したホンダ シビック
  • 1.0リットル VTEC TURBOエンジンを搭載したホンダ シビック《撮影 関 航介》
  • 1.0リットル VTEC TURBOエンジンを搭載したホンダ シビック《撮影 関 航介》
  • 1.0リットル VTEC TURBOエンジンを搭載したホンダ シビック《撮影 関 航介》
  • 1.0リットル VTEC TURBOエンジンを搭載したホンダ シビック《撮影 関 航介》
  • 1.0リットル VTEC TURBOエンジン《撮影 関 航介》
  • 1.0リットル VTEC TURBOエンジンを搭載したホンダ シビック
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ