【東京モーターショー15】MINI コンバーチブル 新型に「クーパー」…1.5Lの3気筒ターボは136馬力

新車 レスポンス

BMWグループのMINIが10月28日、東京モーターショー15で初公開する新型『MINIコンバーチブル』。同車に、ハッチバック同様、1.5リットルの3気筒ターボが設定される。

1.5リットルを積むのは、「クーパー」グレード。最上級の「クーパーS」の2.0リットル直列4気筒ターボから、1気筒削った1.5リットル直列3気筒ターボが搭載される。

直噴1.5リットル直列3気筒ガソリンターボエンジンは、最大出力136hp/4400rpm、最大トルク22.4kgm/1250rpmを発生。オーバーブーストモードでは、最大トルクは23.5 kgmへ向上する。

トランスミッションは6速MTと6速ステップトロニック。欧州仕様の場合、0-100km/h加速8.7-8.8秒、最高速206-208km/hのパフォーマンスを実現する。

内外装は、最上級のクーパーSとは異なる落ち着いた雰囲気。外観は、横基調のメッキフロントグリルをはじめ、アルミホイールなどが専用デザインとなっている。

  • 森脇稔
  • MINI コンバーチブル 新型の クーパー
  • MINI コンバーチブル 新型の クーパー
  • MINI コンバーチブル 新型の クーパー
  • MINI コンバーチブル 新型の クーパー
  • MINI コンバーチブル 新型の クーパー
  • MINI コンバーチブル 新型の クーパー
  • MINI コンバーチブル 新型の クーパー
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ