車道へ放置されたコンクリートブロックに衝突、バイク運転者が重体

社会 レスポンス

23日午前0時ごろ、大阪府大阪市住之江区内の府道を走行中のバイクが、車道上へ放置されていたコンクリートブロックに衝突する事故が起きた。バイクは転倒し、運転者の男性が意識不明の重体となっている。

大阪府警・住之江署によると、現場は大阪市住之江区北島1丁目付近で片側2車線の直線区間。バイクは第2車線を走行していたが、車道上に放置されていたコンクリートブロック(直径約30cm、重さ約16kg)に衝突した。

バイクは衝突の弾みで転倒。運転していた同区内に在住する51歳の男性は路上に投げ出されて頭部を強打。近くの病院へ収容されたが、意識不明の重体となった。他に衝突した車両はなかった。

コンクリートブロックは看板や標識などの土台として使用されるもので、何者かが近くから持ち出し、路上へ放置したものとみられる。警察では殺人未遂事件として捜査を開始するとともに、不審者の目撃情報について調べを進めている。

  • 石田真一
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ