【東京モーターショー15】NTN、ISG搭載エンジン用可変ダンパ式オートテンショナを開発

業界 レスポンス

NTNは、エンジンの状態に応じて補機ベルトの張りを自動的に調整する「ISG搭載エンジン用可変ダンパ式オートテンショナ」を開発。10月29日から一般公開が始まる「第44回東京モーターショー2015」に出展する。

低燃費化を目的に搭載モデルが増えているアイドリングストップ機構では、ドライバーの発進操作を検知してエンジンを再始動しており、始動方式として、ジェネレータがスタータの機能も兼ねる「ISG方式」が主流となっている。しかし、ISG方式の補機ベルトの張力を調整するオートテンショナは、アイドリングストップ状態からエンジン再始動時に必要なベルト張力を確保する設定か、通常の車両走行時の燃費を向上させるためにベルト張力を低く維持する設定か、いずれか一方を選択する必要があった。

今回開発した「ISG搭載エンジン用可変ダンパ式オートテンショナ」は、エンジンの状態に応じてテンショナの設定を自動的に最適化することが可能。ISGを搭載したエンジン車両において、エンジン再始動時の安定性と走行時の燃費向上の両立を実現した。

開発品は、油圧式のオートテンショナで、内部設計を工夫することで、オイル流路を従来の1経路から流路抵抗の異なる2経路とし、その流路を補機ベルトによる力の伝達方向に応じて自動的に切り替える構造とした。これにより走行時には比較的低い張力を与え、燃費向上を可能にするとともに、エンジンの再始動時には瞬間的に必要な高い張力を確保している。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 適用部位
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ