三菱自動車の中間決算、市場措置費用の増加などで減益…通期販売台数を下方修正

業界 レスポンス

三菱自動車は10月27日、2015年4-9月期(第2四半期累計)の連結決算を発表した。

それによると、売上高1兆0698億円(前年同期比+3.4%)、営業利益は584億円(−6.8%)、経常利益は585億円(−20.4%)、四半期純利益は521億円(−14.5%)だった。

第2四半期累計期間の販売台数は52万1000台と前年同期並みとなった。国内では、市場環境が厳しい軽自動車が不振で、4万6000台(−19%)と減少。しかし海外市場では、北米が6万9000台(+22%)、中東・アフリカ、豪州などのその他地域が1万5000台(+11%)と販売台数を伸ばし、国内の落ち込みをカバーした。

収益面では、コスト低減努力などのプラス影響があったが、研究開発費や市場措置費用の増加などにより、営業利益は6.8%の減益となった。

通期連結業績見通しは、第2四半期累計期間の実績、直近の経済状況や市場動向等を踏まえ、販売台数を下方修正。前回予測より4万7000台少ない105万3000台とした。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 三菱自動車 相川哲郎社長《撮影 宮崎壮人》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ