三菱、2017年度に新小型SUVのPHEVを投入…相川社長が表明

新車 レスポンス

三菱自動車工業の相川哲郎社長は10月27日の決算発表会見で、経営資源の集中を図っているSUV分野について「2017年度中に新小型車を投入する」と表明した。

小型クラスのSUVでは『RVR』があるが、これよりも少し大きめのモデルを新開発する。三菱はSUVと共に、電動化技術も重視していく方針。相川社長はこの新型車についても「電動車両を設定する。現時点ではPHEV(プラグイン・ハイブリッド車)をメインに考えている」と述べた。

PHEVとしては、国内外で好評を得ている『アウトランダーPHEV』に次ぐ設定となる見込み。相川社長は新型車の生産拠点は「日本がベースになる」との方針も示した。

  • 池原照雄
  • 三菱自動車 相川哲郎社長《撮影 池原照雄》
  • 三菱 アウトランダーPHEV 改良新型と相川哲郎社長(資料画像)《撮影 宮崎壮人》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ