【東京モーターショー15】日産、近未来のEVと自動運転の『IDS コンセプト』をサプライズ公開

新車 レスポンス

日産自動車は10月28日のプレスデー初日に、ワールドプレミアとなる近未来の自動運転技術を搭載した電気自動車(EV)『IDS コンセプト』を午前のプレスブリーフィングで公開する。当日まで画像などを秘したサプライズ公開とした。

IDS コンセプトは、交通事故死亡者ゼロとゼロエミッションという2つのゼロをビジョンに掲げる日産が、2020年代の実現を想定した統合技術を提示するモデルだ。自動運転技術ではクルマに運転を委ねる「パイロットドライブモード」とドライバーの意志でマニュアルドライブする2つのモードを用意した。

パイロットモードではAI(人工知能)が、日ごろのドライバーの運転のクセを学習したのを元に自動運転する機能も備える。また、同モードでは一般道の自動運転も前提としているため、歩行者など周囲の交通者に「お先にどうぞ」といったメッセージをインパネ上に表示して伝えるコミュニケーションシステムも装備する。

EVは現行『リーフ』の2.5倍に当たる60kWhの大容量バッテリーを搭載、空力の追求や炭素繊維強化樹脂の採用による軽量化などで、課題である航続距離の大幅な改良を図る。また、ワイヤレスによる非接触充電も搭載し利便性の改善も随所に織り込んだ。

  • 池原照雄
  • 日産 IDS コンセプト
  • 日産 IDS コンセプト
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ