【東京モーターショー15】マツダ小飼社長、ロータリーエンジン「もう一度世の中に受け入れて頂ける日が…」

新車 レスポンス

マツダは10月28日のプレスカンファレンスで、小飼雅道社長がワールドプレミアのスポーツコンセプト『RX-VISION』や、日本初公開のクロスオーバーコンセプト『越KOERU』などを披露した。

今回のテーマは「マツダは“走る歓よろこび”の未来を切り拓ひらく」。注目のRX-VISIONは、ロータリーエンジンを搭載するスポーツコンセプト。次世代ロータリーエンジンは「SKYACTIV-R」と命名して開発を進めている。

小飼社長は「現在はロータリー車の量産を行っていないが、もう一度世の中に受け入れて頂ける日が来る。RX-VISIONは私たちの描いた将来の夢を形にしたものだ」と、復活への意欲を示した。ロータリーエンジンについても「まだまだ技術課題はあるが、飽くなき挑戦の精神で開発を継続する」と表明した。

  • 池原照雄
  • マツダ RX-VISION コンセプト(東京モーターショー15)《撮影 宮崎壮人》
  • マツダ RX-VISION コンセプト(東京モーターショー15)《撮影 太宰吉崇》
  • マツダ プレスカンファレンス(東京モーターショー15)《撮影 太宰吉崇》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ