【東京モーターショー15】カーナビでも受信できるV-Lowマルチメディア放送…アマネク・テレマティクスデザイン

テクノロジー レスポンス

「Smart Mobility City」TOKYO FMブースでは、アマネク・テレマティクスデザインが日本初のモビリティ向けV-Lowマルチメディア放送局「Amanekチャンネル」のデモを実施していた。カーナビの「あまちゃんニュースセレクト」ボタンをタップすることで、「Amanekチャンネル」による音声ニュースが流れる。その声はTTS(Text To Speech)により生成された自動音声だ。

V-Lowマルチメディア放送では、日本を7つのブロックに分けており、ブロックごとに放送内容を変えたり、さらにエリアを細かくすることお可能だ。「Amanekチャンネル」では、ブロックの放送はキャスターが行うが、エリアに特化した交通情報や気象情報などは自動音声で行われる。

カーナビで放送を聞くには、V-Lowマルチメディア放送に対応している必要があるが、ワンセグ放送に対応しているカーナビであれば受信することは可能だという。あとはV-Lowマルチメディア放送を聞くためのアプリをカーナビメーカーが用意する必要があるため、メーカーにアプローチしてきたそうだ。放送は2016年3月に福岡、東京、大阪で開始される予定。

放送を聞いているときに気になる情報があったら、その場でカーナビの画面をタッチすることでスマートフォンのアプリ「アマネクリップ」に情報が送られる。アプリのインストールが必須となるが、これにより必要な情報を後でゆっくり読むことができる。担当者によれば「車載器は2016年の秋までにはリリースしたい」とのことで、同社では2020年までに500万リスナーを目指すという。

ブースではこれらのデモを体験できるほか、11月5日には同社の今井CEO、庄司CMOによるカンファレンスが会場内で開催される予定だ。

  • 吉澤 亨史
  • アマネク・テレマティクスデザイン
  • アマネク・テレマティクスデザイン
  • アマネク・テレマティクスデザイン
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ