【東京モーターショー15】スバル吉永社長「次期 インプレッサ は16年末」

新車 レスポンス

富士重工業(スバル)は10月28日の東京モーターショー2015プレスブリーフィングで、吉永泰之社長が自動運転機能などの先進技術を具現化する『スバル ヴィジヴ フューチャー コンセプト』など2台のコンセプトをワールドプレミアとして公開した。

ブースのテーマは「New SUBARU Story」で、スバル車により人生の新たなストーリーがスタートするとのメッセージを込めている。もう1台のワールドプレミアは次期インプレッサのデザイン・スタディモデルである『インプレッサ 5ドア コンセプト』。

吉永社長は、次期インプレッサについて「2016年末の市場導入を予定している」と、初めて投入時期を公表した。また、このインプレッサから「スバル・グローバル・プラットフォーム」と呼ぶ新しい車台を採用する計画も示した。吉永社長は、このプラットフォームで「世界トップクラスの安全なクルマづくりを堅持する」と強調した。

  • 池原照雄
  • 吉永泰之社長
  • 吉永泰之社長
  • スバル インプレッサ 5ドア コンセプト(東京モーターショー15)
  • スバル インプレッサ 5ドア コンセプト(東京モーターショー15)《撮影 宮崎壮人》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ