【東京モーターショー15】FF構造採用のダイハツ テンポ 、三井社長「乗用車のメリット持つ新たな商用車」

新車 レスポンス

28日に開幕した東京モーターショー15。ダイハツはFFプラットフォームを採用したスペース系商用車『テンポ』を出展した。

ダイハツ工業の三井正則社長は「商用車はちょっと苦手という方でも、使いやすいクルマを作れないのか、その答えがテンポ。乗用車のメリットを持つ新たな商用車だ」と説明する。

テンポは、従来の商用車と異なりFF構造を採用することで、運転のしやすさや乗降性などの利便性を高めているのが特徴。三井社長によると「発想の転換から生まれた商用車」とのことで、『ウェイク』や『タント』にも使われているFFプラットフォームを応用し、商用車に匹敵する荷物スペースを確保したという。

助手席側には、LED照明付きのガルウィングドアを採用し、車両側面にはデジタルサイネージを装備。店の看板としても利用できるなど、軽商用車の新たなジャンルを表現した。

  • 橋本 隆志
  • ダイハツ テンポ《画像 ダイハツ工業》
  • ダイハツ テンポ《画像 ダイハツ工業》
  • ダイハツ テンポ《画像 ダイハツ工業》
  • ダイハツ工業社長 三井正則氏《撮影 橋本隆志》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ