ホンダ シビック 新型、米インディアナ工場でも生産開始

業界 レスポンス

ホンダは10月27日、米国インディア州グリーンズバーグのホンダ・マニュファクチャリング・オブ・インディアナ(HMIN)において、新型『シビック セダン』の生産を開始した、と発表した。

新型シビック セダンは10月20日、カナダ・オンタリオ州のホンダ・オブ・カナダ・マニュファクチャリング(HCM)で最初に生産を開始。米国インディアはこれに続く形となり、新型の2番目の生産拠点となる。

ホンダはインディナ工場に過去3年間、およそ9700万ドルを投資。工場の設備を改修し、新型シビック セダンの生産に備えてきた。

インディアナ工場は2008年、『シビック』の生産を開始。以来、累計105万台のシビックを生産してきた。1986年以来、北米でのシビックの累計生産台数は、900万台を超えている。

HMINのボブ・ネルソン社長は、新型シビック セダンのラインオフに際して、「インディアナのチームが、この新しく革新的なシビックセダンを、誇りを持って生産する」と述べている。

  • 森脇稔
  • ホンダ シビック セダン 新型
  • 米国インディア州グリーンズバーグのホンダ・マニュファクチャリング・オブ・インディアナ(HMIN)において、新型シビック セダンの生産を開始
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ