【東京モーターショー15】UDトラックス「スマートロジスティクス実現へ努力惜しまない」

新車 レスポンス

UDトラックスのブースでは、同社の代表取締役社長である村上吉弘氏が発表を行った。村上社長は同社の歴史を振り返り、UDは日本の高度経済成長を支えてきたと述べた。そのビジョンは、「スマートロジスティクスの実現のために努力を惜しまず、さらに一歩先へ」というものだ。

村上社長は、ビジョンのひとつの答えとして『Quon(クオン)』を挙げた。Quonは顧客のニーズを精査して開発されたもので、ディーゼル排ガス浄化のために尿素SCRを初めて搭載した商用車でもある。また、燃費の改善とAEBS(先進緊急ブレーキシステム)の標準装備、さらにテレマティクスエンジンも搭載された。

また「Quonが完璧な4つの理由」として、「安全・快適な操作性」「燃費効率向上」「優れた積載性」「輸送品質向上」を挙げる。さらにUDトラックは、先を見越したプロアクティブなサポートと、即座に対応するレスポンシブなサポートを開始するとした。

これらのサポートの充実と高性能な車両によって、一歩先を行く燃費・環境性能、一歩先を行く運転性能と安全性、一歩先を行く稼働率と生産性を実現し、スマートロジスティクスに近づくことができると語る。「Quonは「ESCOT-V」によって誰でも世界一のドライバーになれる」とした。

さらに村上社長はボルボ・トラックについて、フラッグシップである『ボルボFH』も紹介。そして、スマートロジスティクスの実現に向けたシンボルとなる『クオン・ビジョン』およびゼロエミッションを実現する中型クラスの電動実験車両『UDエレクトリック・デモンストレーター』の2台を世界で初めて公開した。

  • 吉澤 亨史
  • UDトラックスプレスカンファレンス(東京モータショー15)《撮影 吉澤亨史》
  • UDトラックスプレスカンファレンス(東京モータショー15)《撮影 吉澤亨史》
  • UDトラックスプレスカンファレンス(東京モータショー15)《撮影 吉澤亨史》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ