【東京モーターショー15】トヨタ友山専務「プリウス にもITSコネクトを設定」…SMART MOBILITY CITY

新車 レスポンス

トヨタ自動車は10月29日、主催者テーマ事業の「SMART MOBILITY CITY 2015」(SMC)コーナーの同社ブースでプレス向けブリーフイングを行った。

このなかで同社のIT・ITS本部長である友山茂樹専務役員は、今月発売の新型『クラウン』にオプションで初搭載した「ITS コネクト」と、小型EV(電気自動車)のシェアリングサービスである「ハーモ(Ha:mo)」を紹介した。

ITSコネクトは国がITS用に割り当てた専用電波を使って路車間や車車間の通信を行い、事故防止や渋滞の緩和につなげるシステム。トヨタは世界に先駆けて実用化に乗り出した。トヨタのSMCコーナーでは模型の車両と大画面の映像で、分かりやすく解説している。

友山専務は「ITSコネクトはトヨタの統合型安全技術の重要なひとつ。近く発売する新型プリウスにも設定する」と、明らかにした。

途中から加わった豊田章男社長は「(前回モーターショーからの)2年間で、より具体的に進展した」と、評価した。一方、ハーモについては2016年1月から沖縄県の本部半島で30台を使って始める実証実験の概要を公表した。

  • 池原照雄
  • プレスカンファレンスに途中から参加した豊田章男社長(右)《撮影 池原照雄》
  • トヨタはSMART MOBILITY CITY 2015で「ITS コネクト」と「ハーモ(Ha:mo)」を紹介《撮影 池原照雄》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ