【東京モーターショー15】メルセデス 、新たなPHVとディーゼルHVを日本導入へ…2016年

新車 レスポンス

10月28日に開幕した東京モーターショー2015。ドイツの高級車、メルセデスベンツのブースでは、環境対応車の日本での車種ラインナップの拡大が発表された。

メルセデスベンツは東京モーターショー15において、『GLE』の日本への導入を発表。GLEは、現行『Mクラス』の大幅改良モデル。日本仕様の基本グレードは、クリーンディーゼルの「GLE 350 d 4MATIC」と、ガソリンの高性能車、「AMG GLE 63 S」の2種類となる。

プレスカンファレンスにおいて、メルセデスベンツは、「2016年、新たなディーゼルハイブリッド車およびプラグインハイブリッド車(PHV)を、日本市場に導入する」と発表した。

メルセデスベンツは、具体的な車種名は公表していない。ただし、日本導入を果たしたGLEのPHV、「GLE 500e 4 MATIC」にプレスカンファレンスで言及していることから、PHVについてはGLEとなる可能性もある。

メルセデスベンツ日本の上野 金太郎 社長兼CEOは、「現在、26モデル123車種を展開している。これは、さらなる成長に向けた完璧な礎となる」とコメントしている。

  • 森脇稔
  • メルセデス- AMG GLE 63 S・4マチック(東京モーターショー15)《撮影 橋本隆史》
  • メルセデスベンツ ビジョン Tokyo(東京モーターショー15)《撮影 雪岡直樹》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ