【東京モーターショー15】トヨタ紡織「見栄えにこだわった」次期型 プリウスシート を初出展

新車 レスポンス

トヨタ紡織は12月に発売される次期型『プリウス』に採用されたシートを初公開している。トヨタ紡織の石井克政社長は10月29日に開いたプレスカンファレンスで「新シート骨格を採用し、乗り心地だけでなく、見栄えにもこだわった」と紹介した。

石井社長は次期型プリウスのシートに関して「アイシン精機、シロキ工業とトヨタ紡織が連携して開発した」ことを明かした上で、「トヨタのTNGA思想に基づいた新たなシート骨格を採用し、軽量化はもちろん、乗り心地や見栄えにもこだわっている」と述べた。

また同様に今回初出展の表皮一体発泡工法を採用したレクサス向けスポーツシートについては「この工法は、その優れたフィット感、高いホール性、そして美しい形状でお客様からも大変高い評価を頂いており、レクサス『NX』、『RC F』、『GS F』など順次採用車種が拡大していく」と話した。

  • 小松哲也
  • 次期型プリウスシート骨格(東京モーターショー15)《撮影 小松哲也》
  • トヨタ紡織 石井克政 社長(東京モーターショー15)《撮影 小松哲也》
  • レクサス搭載スポーツシート(東京モーターショー15)《撮影 小松哲也》
  • トヨタ紡織プレスカンファレンス(東京モーターショー15)《撮影 小松哲也》
  • トヨタ紡織 ブース(東京モーターショー15)《撮影 小松哲也》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ