【東京モーターショー15】京都機械工具、ラチェットやメタルケースに新色登場…インテリアにもマッチ

新車 レスポンス

京都機械工具(KTC、京都府久御山町)は発売20周年をむかえたラチェットハンドル「ネプロス」シリーズの新作などを展示。イオンプレーティング(iP、表面硬化処理)を施した、シックな輝きを放つ「20周年限定色版」などに注目が集まっていた。

「今回、目玉となる参考出品は3つ。ラチェット『ネプロス』ユーザーからの声も多かった90ギアの6.3スクエア版、 イオンプレーティング(iP、表面硬化処理)を施した20周年限定色モデル、そして赤いアクセントを加えた20周年記念ソケットレンチセット」と話すのは、同社ブランド戦略部マネージャーの四関繁樹さん。

「強くて美しいネプロスシリーズに、さらにコンパクトさ、携帯性、プレミアム感を持たせたものをラインナップした」(四関さん)。

ネプロス6.3sq.ラチェットハンドルは、コンパクトで軽量、ホビーにも使えて、36ギアと同じ強度で細かく回ることから、作業性が格段に向上するという。

また、同シリーズ発売20周年を記念して登場した9.5sq.ソケットレンチセット『type RS』は、別売りの赤いゴムリングをセットにし、ケースに入れたモデルだ。

さらに、 イオンプレーティング(iP、表面硬化処理)を施した、シックな輝きを放つ20周年限定色モデルは、 宇宙開発技術の分野で発明された表面硬化処理のひとつ。美しいフォルムで好評のネプロスシリーズに、この表面処理技術を施すことで、キリッとした艶と表面の強さが加えられた。

「6.3sq.とtype RSはことし12月に、iPモデルは来年1月に発売する予定」(四関さん)だという。

いっぽう、同社はインテリアにもマッチする工具箱(メタルケース)も豊富なカラーバリエーションでラインナップ。「昨年好評だったカワサキイメージのグリーンに加えて、ホワイト、スカイブルーの新色を追加。プロ用からビギナー用まで114アイテムを展開しているので、その質感などを確かめに、ぜひ会場に見に来てほしい」と四関さんは話していた。

  • 大野雅人
  • 京都機械工具ブランド戦略部マネージャーの四関繁樹氏《撮影 雪岡直樹》
  • 京都機械工具(KTC)ブース《撮影 雪岡直樹》
  • 京都機械工具(KTC)ブース《撮影 雪岡直樹》
  • 京都機械工具(KTC)ブース《撮影 雪岡直樹》
  • ギア数90のラチェットハンドル《撮影 雪岡直樹》
  • ギア数36のラチェットハンドル《撮影 雪岡直樹》
  • イオンプレーティング(iP、表面硬化処理)を施した、20周年限定色モデル《撮影 雪岡直樹》
  • ラチェットハンドル「ネプロス」シリーズ《撮影 雪岡直樹》
  • ラチェットハンドル「ネプロス」シリーズ《撮影 雪岡直樹》
  • 京都機械工具(KTC)ブース《撮影 雪岡直樹》
  • 小型のラチェットハンドルも《撮影 雪岡直樹》
  • 革柄のラチェットハンドルも人気だという《撮影 雪岡直樹》
  • ネプロス漆ラチェットハンドル《撮影 雪岡直樹》
  • KTCの工具セット《撮影 雪岡直樹》
  • KTCのメタルケース《撮影 雪岡直樹》
  • KTCのメタルケース《撮影 雪岡直樹》
  • KTCのメタルケース《撮影 雪岡直樹》
  • 京都機械工具(KTC)ブース《撮影 雪岡直樹》
  • 京都機械工具(KTC)ブース《撮影 雪岡直樹》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ