フォード エクスプローラー 改良新型、ロシア現地生産を開始

業界 レスポンス

米国の自動車大手、フォードモーターは10月27日、改良新型フォード『エクスプローラー』のロシア現地生産を開始した。

エクスプローラーのロシア生産は2013年4月、フォードモーターとソラーズのロシア合弁、フォードソラーズのロシア・タタールスタン共和国東部、エラブガ工場で開始。エクスプローラーが米国以外で組み立てられるのは、初めてだった。

改良新型エクスプローラーは2014年11月、ロサンゼルスモーターショー14でワールドプレミア。現行型のデビューから約4年を経て、初の大幅改良を実施。外観は、グリル、ヘッドライト、バンパーのデザインを見直し、表情を一新。リアは、テールライトが新デザインに。

今回、この改良新型エクスプローラーのロシア現地生産を開始。フォードソラーズは、エラブガ工場の設備を改修。改良新型モデルの生産に備えてきた。

フォードモーターのジム・ファーレー上級副社長は、「1990年の発売以来、エクスプローラーは累計700万台以上を販売してきた。米国では過去25年間、ベストセラーSUV。最新技術を搭載したこの象徴的SUVを、ロシアの顧客に届けていく」と述べている。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ