自動車メーカー特許資産規模ランキング、トップ3は前年と順位変わらず

業界 レスポンス

パテント・リザルトは、独自に分類した自動車メーカーを対象に、各社が保有する特許資産を質と量の両面から総合評価した「自動車メーカー特許資産規模ランキング」を発表した。

今回は2014年4月1日から2015年3月末までの1年間に登録された特許を対象に、個別特許の注目度を得点化する「パテントスコア」を用いて評価し、企業ごとに総合得点を集計した。トップ3は前年と同じメーカーだった。

この結果、1位はトヨタ自動車となった。トヨタの注目度の高い特許には、「惰性走行中において燃費を改善すると共に運転者に生じる違和感を軽減することができる車両用走行制御装置」や、「電力変換装置の容量の増大を招くことなく、エンジンの始動性を向上させる技術」などがある。

2位はホンダで、「携帯機器と連携した車載機器を用いてコンテンツを自動投稿するシステム」や、「乗員の上半身を車体後方に良好に移動させてヘッドレストで乗員の頭部を好適に支えることができるシートバック装置」などの特許が注目される。

3位は日産自動車で、注目度の高い特許には「遮断装置等の補機を確実に保護することができるバッテリーパック」や、「内燃機関からの排気ガスを有効に浄化できる排気ガス浄化システム」などがある。

上位10社では、三菱自動車が前年7位から4位、ヤマハ発動機が前年6位から5位、スズキが前年10位から7位にそれぞれ順位を上げている。

  • レスポンス編集部
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ