【東京モーターショー15】レクサス、LF-FCをお披露目…機器配置を示すモデルも展示

新車 レスポンス

レクサスが日本で販売を開始してから今年で10年目となるが、東京モーターショーの会場にはフルモデルチェンジを果たしたクロスオーバーの『RX』を展示するとともに、ワールドプレミアとして同ブランドのフラッグシップモデルをイメージした燃料電池車の『LF-FC』を発表した。

LF-FCはトヨタブランドで販売している『MIRAI(ミライ)』をベースにした車両とみられるが、車体のデザインはLF-FCの方が大胆かつ押し出し感の強いデザインとなっており、「似ているようで似ていない」というのも特徴。

MIRAIは前輪駆動だが、LF-FCはAWDとなり、前輪には軽量のインホイールモーターを採用する。また、高出力のFCスタックとパワーコントロールユニットをエンジンコンパートメント内に配置するとともに、水素タンクをT字型に配置して最適な前後重量配分を実現することで、優れた操舵応答性を確保したとする。ステージ横には機器類の配置を示したモデルも置かれており、見えない部分までチェック可能だ。

  • 石田真一
  • レクサスLF-FC、次期フラッグシップモデルをイメージした燃料電池車。《撮影 石田真一》
  • メディアの注目度は高く、フォトセッション時には混乱も。《撮影 石田真一》
  • 機器配置がわかるモデルも用意。《撮影 石田真一》
  • 水素タンクはT字配列にしてある。《撮影 石田真一》
  • 前輪にインホイールモーターを採用。後輪の大容量モーターとあわせ、AWDとなっている。《撮影 石田真一》
  • レクサスの福市得雄プレジデント。《撮影 石田真一》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ