【東京モーターショー15】トヨタ紡織、環境に優しい植物由来材料の利用拡大を訴える

新車 レスポンス

車のシートや内装材を手がけるトヨタ紡織は現在、環境に優しい植物由来材料の生産に力を入れている。なかでもケナフについては、すでに内装部品を開発し、レクサスなどの高級車に採用されている。

ケナフは一年草で成長が早く、4カ月で4mも成長する。しかも、CO2の吸収能力が高いので、植物由来の材料としては最適。そこで、同社は1990年代から開発を始め、2000年にドアトリムを製品化した。

「現在、インドネシアで種子の開発から栽培、プレボードの生産まで行っており、年間2000〜3000トンを生産しています」と同社関係者は話し、ドアトリムを工程数が多く、表皮を貼る高級車に使ってもらっているという。

『プリウス』などの大衆車については、その部分が樹脂の一体成形のため利用されていない。そこで、同社としては、ドア以外の用途拡大をどんどん進めていくのと同時に新たな成形工法を開発し、植物由来材料の利用拡大を訴えていくそうだ。

  • 山田清志
  • ケナフからつくったドアの内装材《撮影 山田清志》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ