ゴム製品特許資産規模ランキング、トップはブリヂストン…パテント・リザルト

業界 レスポンス

パテント・リザルトは、独自に分類した「ゴム製品」業界の企業を対象に、各社が保有する特許資産を質と量の両面から総合評価した「ゴム製品業界 特許資産規模ランキング」をまとめた。

2014年4月1日から2015年3月末までの1年間に登録された特許を対象に、個別特許の注目度を得点化する「パテントスコア」を用いた評価を行い、企業ごとに総合得点を集計。その結果、1位 ブリヂストン、2位 住友ゴム工業、3位 横浜ゴムとなった。

注目度の高い特許については、1位 ブリヂストンでは、「検出精度の向上した非接触によるタイヤ内圧測定システム」や「低発熱性、破壊特性、耐摩耗性などに優れたゴム組成物」に関する技術などが挙げられる。

2位 住友ゴム工業は、「耐摩耗性、氷上性能、操縦安定性などが良好なスタッドレスタイヤ」や「低燃費性、ウェットグリップ性能及び耐摩耗性をバランス良く改善したゴム組成物」など、3位 横浜ゴムでは、「高いシール性と耐久性を備えた水素充填用ホースとホース金具」や「耐摩耗性に優れ、氷上摩擦が大きいタイヤ」などがある。

上位10社のうち、前年より順位を上げた企業は、住友理工、ミシュラン、西川ゴム工業の3社。住友理工は「測定物の大きさや形状に依らず検出可能な荷重センサ」、ミシュランは「入り込んだ石及び他の物体を排除しやすいタイヤのトレッドパターン」、西川ゴムは「低比重で、遮音性に優れるドアウエザーストリップ」などが注目度の高い特許として挙げられる。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • ゴム製品業界 特許資産規模ランキング
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ