軽二輪車新車販売台数、ヤマハ好調で3か月ぶりプラス…10月

モーターサイクル レスポンス

全国軽自動車協会連合会が発表した10月の軽二輪車新車販売台数は、前年同月比3.4%増の4642台と3カ月ぶりに前年を上回った。

全体的には市場は低迷しているものの、ヤマハ発動機の販売が好調で全体を押し上げている。

ヤマハ発動機は同61.3%増の1810台でシェアが39.0%となった。

2位のホンダは同7.7%減の1419台とマイナスだった。

カワサキは同30.9%減の648台と大幅マイナスとなったほか、スズキも同12.6%減の506台と2ケタのマイナスだった。

輸入車など、その他は同16.7%減の259台だった。

  • レスポンス編集部
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ