豊田自動織機、新型 プリウス 向け四輪駆動用リア走行インバーターなど開発

業界 レスポンス

豊田自動織機は、ハイブリッド車用の電動コンプレッサー、DC-DCコンバーター、リア走行インバーター、ACインバーターを新たに開発。開発品はトヨタの新型『プリウス』に搭載される。

カーエアコン用電動コンプレッサー「ESB20」は、新開発のモーターの採用と圧縮構造に改良を加え、現行プリウスに搭載の「ES14」に対し小型・軽量化を実現しながら冷房能力を30%向上するとともに、消費電力を8%低減している。

DC-DCコンバーターは、放熱性に優れた厚銅基板を世界で初めて開発。部品の集積方法を見直し、現行プリウス用に対し体積で50%、重量で60%の小型・軽量化を実現している。

リア走行インバーターは、プリウスに初設定される4WDモデルに搭載。空冷方式を採用することで冷却用の配水管の取り回しから開放され、車両搭載への自由度が向上。さらに、ラゲッジルームへ搭載するため静粛性も高めている。

1500W ACインバーターは、ケースの構造を改良し、冷却ファンや電子部品のレイアウトを大きく見直すことで、体積を30%小型化し、車両搭載性を向上させている。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • リア走行インバーター
  • 電動コンプレッサー「ESB20」
  • DC-DCコンバーター
  • ACインバーター
  • トヨタ プリウス(東京モーターショー15)《撮影 野口岳彦》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ