【SEMAショー15】ヒュンダイ ツーソン 新型に冒険仕様…テントで宿泊

新車 レスポンス

韓国ヒュンダイモーターの米国法人、ヒュンダイモーターアメリカは11月3日、米国ラスベガスで開幕するSEMAショー15において、新型『ツーソン』のカスタマイズカーを初公開する。

ツーソンは、ヒュンダイの主力SUV。2015年3月、ジュネーブモーターショー15では、3世代目となる新型をワールドプレミア。4月のニューヨークモーターショー15では、新型ツーソンの米国仕様車を初公開。トヨタ『RAV4』やホンダ『CR-V』などのライバルに対抗するべく、ジュネーブのデビューから1か月という早期タイミングで、米国初公開を果たした。

SEMAショー15では、この最新ツーソンをベースに、米国カリフォルニア州のJOHN PANGILINANがカスタマイズを担当。テーマは、「アドベンチャーモービル」。

冒険の名にふわさしく、ルーフ上にはテントを設置。2名が宿泊できるようにした。アクセサリー類の電源は、ソーラーパネルから供給される電力でまかなう。

ボディカラーは、アーミーグリーンで塗装。車高は、およそ38mmリフトアップ。LEDライトバーを追加した。エンジンは吸排気系を中心に、ライトチューンを受けている。

  • 森脇稔
  • 新型ヒュンダイ ツーソン(米国仕様車)
  • 新型ヒュンダイ ツーソン(米国仕様車)
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ