【東京モーターショー15】スマート vs トゥインゴ…RR兄弟車、戦略の違いは

新車 レスポンス

メーカーの垣根を超えた兄弟モデル対決が東京モーターショー会場で繰り広げられている。ダイムラーのスマート『フォーフォー』とルノー『トゥインゴ』だ。

リアエンジン・リアドライブのプラットフォームなどの基本部分を共有しつつ、内外装のデザインはそれぞれ独自のものが与えられているほか、日本向けはエンジンのバージョンも異なるといった差別化が図られている。スマートのほうは東京モーターショー報道日初日の10月28日に市販が開始されたが、トゥインゴのほうは現時点では参考出品車。投入時期は2016年春であるという。

会場で両者をあらためて見比べてみると、兄弟車ではあるが、キャラクター分けはかなり明確だ。スマートのほうは初代から継承するカラーリング、すなわちキャビンの枠部分を車体色と別の色とし、サイズは小さくとも生存空間をきっちり守るというコンセプトを表現したもの。ヘッドランプ、フロントグリル、リアランプなど細部のデザインもどことなくドイツっぽい。

一方のトゥインゴのほうは柔和路線だ。フロントのイメージは1993年に日本車として初めて欧州カーオブザイヤーの大賞を獲得した日産自動車『マイクラ(日本名マーチ)』の2代目モデルを想起させる新古典主義的な意匠。リアは一転、バックドア全体がガラスに覆われたモダンなブラックアウトデザイン。全体としては帽子のようにころりとした可愛いイメージで、ルーフもキャンバストップが用意されるなど、ルノー本来のキャラクターであるサンダル感覚で転がせるような仕立てとなっている。

スマートフォーフォーの価格は209万円から229万円と、欧州Aセグメント(ミニカー)モデルとしてはかなり高価だが、トゥインゴはどうなるのだろうか。ルノージャポン商品担当のフレデリック・ブレン氏は「ルノーは日本においてもすでに価格の安いモデルもラインナップしている。またフィアット『500』など強力なコンペティターも存在している。それを勘案したうえで、エントリーモデルとして魅力を感じていただけるような戦略価格を設定しようと考えています」と語る。

モーターショー会場に置かれているのは最高出力90psの3気筒0.9リットルターボ+6速デュアルクラッチ変速機の組み合わせのみだが、本国には3気筒1リットル自然吸気エンジン、変速機も5速MT仕様が存在している。デビュー当初のグレード構成は不明だが、ルノーが日本にも積極投入しているMTを含め、面白い商品展開が期待できそうだ。

  • 井元康一郎
  • スマート フォーフォー 新型(東京モーターショー15)《撮影 雪岡直樹》
  • スマート フォーフォー 新型(東京モーターショー15)《撮影 雪岡直樹》
  • スマート フォーフォー 新型(東京モーターショー15)《撮影 雪岡直樹》
  • ルノー トゥインゴ(東京モーターショー15)《撮影 長谷川朗》
  • ルノー トゥインゴ(東京モーターショー15)《撮影 長谷川朗》
  • ルノー トゥインゴ 新型(東京モーターショー15)《撮影 嶽宮 三郎》
  • ルノー トゥインゴ 新型(東京モーターショー15)《撮影 井元康一郎》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ