タカタ、エアバッグリコール問題で特損85億円を計上

業界 レスポンス

タカタは11月4日、エアバッグリコール問題で米国NHTSA(運輸省道路交通安全局)と民事制裁金の支払いなどで合意したことを受け、第2四半期決算において約85億円の特別損失を計上すると発表した。

今回タカタとNHTSAは、7000万米ドル(約85億円)の民事制裁金を2020年10月末までに6回に分けて支払うこと、NHTSAの定めた義務に違反した場合には別途最大総額1億3000万米ドル(約156億円)の民事制裁金を支払うことで合意した。

また、乾燥剤を含まない相安定化硝酸アンモニウム(PSAN)を使用したタカタ製インフレータの製造販売を2018年末までに段階的に中止すること、PSANを使用したタカタ製インフレータの供給について新規の契約を締結しないことなどでも合意した。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ