【SEMAショー15】ホンダ、リッジライン オフロードレース専用モデルを公開

新車 レスポンス

ホンダは、米国ラスベガスで開幕したSEMAショー15において、オフロードレース専用車『リッジライン バハ レーストラック』やアキュラ『ILX』のスポーツカスタム仕様車などを公開した。

リッジライン バハ レーストラックは、ホンダのオフロードレースへの復活を表すモデルとして展示。HPD(Honda Performance Development)が開発したV6ツインターボエンジンを搭載し、最大出力550馬力を実現。同モデルは北米で来年発売予定の新型「リッジライン」のデザインの方向性を示すものとなる。

アキュラ「ILX by ギャルピン オートスポーツ」は、ILXのスポーティーカスタム仕様車。カスタムショップのギャルピン・オートスポーツが手がけた同モデルは、新デザインのフロントバンパーやリアスポイラーなどに加え、サスペンション、マフラーをチューニング。さらに19インチホイールを装着するなど、スポーティーなイメージを追求した仕様となっている。

このほかホンダは、米国で来春発売予定の新型『NSX』をはじめ、ILXの純正アクセサリー装着車や、9月発表の新型『シビックセダン』の純正アクセサリー装着車、米国を代表するトップチューニングショップ4社による『HR-V』カスタム仕様車などを展示している。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • アキュラ ILX by ギャルピン オートスポーツ
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ