米ホンダ、アコード 30万台をリコール…エアバッグ不具合で負傷者

業界 レスポンス

ホンダの米国法人、アメリカンホンダは10月29日、『アコード』およそ30万台について、リコール(回収・無償修理)を行うと発表した。

今回のリコールは、サイドエアバッグおよびサイドカーテンエアバッグの不具合が原因。アメリカンホンダによると、エンジンがかかった状態で、ドアを非常に強い力で閉めると、サイドエアバッグが誤作動する可能性があるという。

また、車両のアンダーフロアに、強い衝撃が加わった場合でも、サイドエアバッグが誤作動する恐れがあるとした。アメリカンホンダはこの不具合により、19名の負傷者を確認している。

リコールの対象になるのは、2008-2009年モデルのアコード。米国で販売された30万3904台が、リコールに該当する。

アメリカンホンダは、対象車を保有する顧客に通知。販売店において、エアバッグを制御するソフトウエアを更新するリコール作業を行う。

  • 森脇稔
  • ホンダ アコード(日本名:インスパイア)
  • ホンダ アコード(日本名:インスパイア)
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ