【スズキ エスクード 新型】スズキSUVのイメージと躍動感の融合

新車 レスポンス

新型スズキ『エスクード』を開発するうえで、最も重要だったことは、エスクードらしさ、『ジムニー』らしさなど、スズキのSUVのイメージをデザインに盛り込むことだったという。

そう話すのは、スズキ第三カーライン製品企画の今枝怜史さんだ。「“エスクード”というブランドはスズキのSUVのイメージとしてユーザーに定着している。そこで、デザインではこれまでのエスクードやジムニーのデザインを随所で感じさせようと考えた」と述べる。

その一例として今枝さんは、フロント周りを挙げる。「ボンネットのクラムシェルフードは、先代のエスクードのデザインを踏襲しており、また、サイドのフェンダーガーニッシュも先代から受け継いでいる部分だ」という。クラムシェルフードは『ジムニー』にも共通したモチーフだ。

また、フロントグリルは、「縦に5分割されているが、これはジムニーが昔から使っている 5分割グリルを踏襲している」とした。そういったスズキのイメージは受け継ぎながらも、「キャラクターラインをリアでキックアップさせるなど、随所に躍動感や元気さや力強さなどを盛り込むようなデザインテイストにした」。これは、「本格SUVというよりは、もっと気楽にスポーティーに楽しめるところを表現したかったからだ」と話した。

  • 内田俊一
  • スズキ エスクード《撮影 内田俊一》
  • スズキ エスクード《撮影 内田俊一》
  • スズキ エスクード《撮影 内田俊一》
  • スズキ エスクード《撮影 内田俊一》
  • スズキ エスクード《撮影 内田俊一》
  • スズキ エスクード《撮影 内田俊一》
  • スズキ エスクード《撮影 内田俊一》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ