日産、CDP気候変動レポートで国内自動車メーカー唯一の最高評価

業界 レスポンス

日産自動車は、国際NPOのCDPが11月4日に公表した「CDP気候変動レポート2015」において、国内の自動車メーカーで唯一、最高評価のAリスト企業の1社に認定されたと発表した。

また、同レポート内の気候変動に関する情報開示レベルを評価する「Climate Disclosure Leadership Index(CDLI)」では、満点の100ポイントを獲得した。

CDPは、環境戦略やCO2排出量の削減努力について情報を収集・分析し、情報開示や取り組みが特に優れている企業を選出している。13回目となる今回は、6000社以上のグローバル大手企業を対象に調査を実施。113社を最高評価のAリストに認定し、「CDP気候変動レポート2015」として公表した。

日産は今回、2050年までに新車のCO2排出量を2000年比で90%削減するという長期ビジョンを掲げ、環境に関する透明性の高い情報開示を行ったことが高く評価された。

また、『リーフ』を始めとしたゼロ・エミッション車の普及やクルマから家庭への電力供給による商品「Leaf to Home」による電力使用量ピークカットの実現、生産工程におけるCO2排出量削減のための確実な取り組みが評価され、国内の自動車業界で唯一、Aリスト企業としての選定につながった。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ