日産 エクストレイル ハイブリッド 、ドッグフレンドリー度検証…快適でタフな魅力

業界 レスポンス

日産『エクストレイルハイブリッド』 エマージェンシーブレーキパッケージ4WDは、環境性能の高さとタフネスを両立したSUVの1台 。早速、わが家の大型犬のラブラドールレトリーバーと小型犬のジャックラッセルを乗せてみた。

犬にとってエクストレイル一番の魅力は、汚れや水に強い撥水シート、防水加工フロア、防水フレキシブルラゲッジ(ガソリン車のみ)にある。防水加工された合成皮革の撥水シートというと、ツルツルすべりやすいイメージだが、むしろ、下手なファブリックよりしっとりしっくり着座できるのだ。

だから犬がシートに直接座ってもまったく問題なし。ファブリックと違って抜け毛のからみはなく、体臭も移らない。カーブなどでのすべりにくさもポイントだ 。もちろん、万一、ヨダレが付着し、粗相をしてもさっとふき取ればいいだけ。

さらに注目すべき点がふたつある。まずは後席シートサイドの仕立て。エクストレイルは後席側面もまた撥水素材の合成皮革で、後席とサイドシルの間にすき間がなく、犬が後席に乗り降りするときにどうしても付着する抜け毛がシートサイドにからまず、またすき間に落ちることがないため、掃除が楽なのである。

つぎに日産初のリモコンオートバックドアを装着すれば、バックドア開閉時のガシャンという犬の耳に痛い音がせず、犬を引いていて両手がふさがっていても、 リモコンキーを携帯していれば検知周辺に手や物をかざすだけでバックドアが開くのだから便利(開く角度を調整できるガレージモード付き)。

ただ、ハイブリッドの場合、ラゲッジ下にバッテリーを積んでいるため、ガソリン車よりフロアが高くなっている。が、そもそもガソリン車でもラゲッジフロア地上高は74cmと、決して低くない。大型犬でも無理なく乗り降りできる高さは個人的な検証では62cm程度まで。

犬をラゲッジに乗せる前提であれば、エクストレイルでは難しい…? そんなことはない(わが家の場合、ジャンプ力のあるジャックラッセルなら飛び乗り、飛び降りることができる)。つまり、リヤドアから防水フロアに乗せ、そこから撥水シートの後席に飛び乗らせ、6:4の分割可倒式の後席のどちらかを倒し、廊下にしたフロアからラゲッジに移動させればいいのである。

その際、純正アクセサリーのラゲッジフルカバーを装着しておけば、倒した後席背後〜フロアまで覆ってくれるため、撥水シート部分を含め、汚れの心配もなし 。しかも、エクストレイルの場合、ハイブリッドはラゲッジがかさ上げされたぶん、後席を倒し拡大したフロアのフラット度はガソリン車より上で、加えてハイブリッドらしく走りがよりスムーズで静かなのだから、犬も一段と快適にドライブを楽しめるはずである(もちろん人間も!)。

  • 青山尚暉
  • 日産 エクストレイルハイブリッド《撮影 青山尚暉》
  • 日産 エクストレイルハイブリッド《撮影 青山尚暉》
  • 撥水シートで犬を直接乗せても汚れが気にならないい《撮影 青山尚暉》
  • エクストレイルHV《撮影 青山尚暉》
  • 日産 エクストレイルハイブリッド《撮影 青山尚暉》
  • 日産 エクストレイルハイブリッド《撮影 青山尚暉》
  • アクセサリーのラゲッジフルカバーを装着《撮影 青山尚暉》
  • アクセサリーのラゲッジフルカバーを装着《撮影 青山尚暉》
  • 後席横に隙間がない《撮影 青山尚暉》
  • 床下収納はドッググッズを入れておくのにも便利《撮影 青山尚暉》
  • リモコンオートバックドアスイッチ《撮影 青山尚暉》
  • インパネ下にもリモコンオートバックドアスイッチがある《撮影 青山尚暉》
  • 日産 エクストレイルハイブリッド《撮影 青山尚暉》
  • 日産 エクストレイルハイブリッド《撮影 青山尚暉》
  • 後席にもエアコン吹き出し口を完備。後席に乗った犬も快適《撮影 青山尚暉》
  • 日産 エクストレイルハイブリッド《撮影 青山尚暉》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ