ユタカ技研の中間決算…海外受注増加や円安効果で営業益8.6%増、通期予想も上方修正

業界 レスポンス

ユタカ技研は11月6日、2015年4-9月期(第2四半期累計)の連結決算を発表した。

それによると、売上高は795億2300万円(前年同期比+16.2%)、営業利益は66億8600万円(+8.6%)、税引前利益は65億6700万円(+1.9%)、四半期利益は45億3100万円(−5.2%)だった。

国内市場における顧客からの受注減少や車種構成差等による影響があったものの、主に海外市場における顧客からの受注増加に加え、為替相場が円安基調で推移しており、14.2%の売上増。営業利益は3.7%の増益を確保した。最終利益については、為替差益の減少や税金費用の増加により5.2%の減益となった。

通期業績見通しについては、海外における受注増加や円安効果を織り込み上方修正。売上高は1670億円(前回予測比70億円増)、営業利益129億円(同9億円増)、税引前利益128億円(同8億円増)、四半期利益88億円(同3億円増)とした。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ