【東京モーターショー15】ブランドポジショニングの真っただ中…シトロエンブランドCEO

新車 レスポンス

シトロエンブランドは、自由な発想で、独創性と、快適性を提供する。これは、シトロエンがユーザーに約束することだという。

そうコメントするのは、東京モーターショー15のために来日したシトロエンブランドCEO、リンダ・ジャクソン氏だ。

その快適性、“Feel Good”についてジャクソン氏は、「1950年代と現在とではこの意味は全く異なる」という。1950年代当時、舗装はひどい状態だったので、「快適性に対する我々のメインなアプローチは、サスペンションとデザインの革新的な解決だった」とし、その回答として「2CV」や『DS』があったという。

しかし、現在はそういう状況ではないとジャクソン氏。「シトロエンは、幸せなカーライフの概念を問い直す。物理的な快適さはもちろん重要だが、それだけでは十分ではないのだ」とし、「今日でのシトロエンの快適さは、広々として光あふれる車内や効率的な収納スペースだけでなく、便利なテクノロジー。例えば、低燃費エンジンやシンプルで直観的なインターフェイス。そして通信ネットワークへの接続性なども含めている」という。

ジャクソン氏は『C4ピカソ』を例に挙げ、「広々として明るく心地よいインテリアは、ロフトをイメージしてデザインされた。日本では1年前から販売開始されたばかりだが、すでにブランドのベストセラーだ」とし、シトロエンのFeel Goodを最も体現している車だとした。また、『C4』においても、「エンジンオブザイヤーを獲得した、PureTech130のような最新型エンジンも搭載し、優れた性能と燃費で快適なドライブをサポートする」と説明。

「自由な発想で、独創性とともに、これら快適性を提供することをシトロエンはユーザーに約束する」とジャクソン氏。そして、この約束をベースに、「プラントポジショニング強化の真っただ中にある」と語った。

  • 内田俊一
  • シトロエン C4カクタス (東京モーターショー15)《撮影 野口岳彦》
  • シトロエン C4カクタス (東京モーターショー15)《撮影 野口岳彦》
  • シトロエン C4カクタス (東京モーターショー15)《撮影 野口岳彦》
  • シトロエン C4カクタス (東京モーターショー15)《撮影 野口岳彦》
  • シトロエン C4カクタス (東京モーターショー15)《撮影 野口岳彦》
  • シトロエンブランドCEO、リンダ・ジャクソン氏《撮影 内田俊一》
  • シトロエンブース(東京モーターショー15)《撮影 雪岡直樹》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ