パナソニック、ディーゼル排ガス浄化用触媒フィルター工場を中国に新設

業界 レスポンス

パナソニック・エコシステムズは、ディーゼルエンジンの排ガスに含まれる粒子状物質(PM)を分解する新方式のディーゼル排ガス浄化用触媒フィルター工場を中国の蘇州市に新設すると発表した。

ディーゼルエンジン車の規制が日米欧を中心に順次強化される中、新たに受注した中国エンジンメーカーなどに向けてディーゼル排ガス浄化用触媒フィルターを12月から生産開始し、事業を本格展開する。

同社は、換気扇や空気清浄機など、室内空気質製品をグローバルに展開している。ディーゼル排ガス規制が強化される中、高価な白金を使用せず、低温で粒子状物質を分解する省エネ性に優れた、新しい方式のディーゼル排ガス浄化用触媒を2010年に開発した。

今回、規制が強化される中国で、エンジンメーカーから初めて受注した。また、既存車や、今後、規制が強化される非道路機器にも採用が決定、これら需要拡大に対応するため、日本の春日井工場で触媒粉体を生産し、蘇州工場でDPF基材にコーティングすることで、ディーゼル排ガス浄化用触媒フィルターを生産する予定。

工場の新設により、ディーゼル排ガス浄化用触媒事業を本格的に展開し、2018年度に売上げ100億円規模を目指す。

  • レスポンス編集部
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ