ランボルギーニ ウラカン、2016年型に進化…気筒休止採用

新車 レスポンス

イタリアのスーパーカーメーカー、ランボルギーニは11月6日、『ウラカンLP610-4』の2016年モデルを欧州で発表した。

ウラカンLP 610-4は、『ガヤルド』後継のスーパーカー。2014年の発売から約1年半を経て登場した2016年モデルでは、確実な進化を遂げている。

ミッドシップには、直噴5.2リットルV型10気筒ガソリン自然吸気エンジンを継続搭載。2016年モデルでは、自然吸気のV10エンジンとしては初めて、気筒休止システムを採用。低負荷走行時に、10気筒の半分の5気筒を休止する。

最大出力610hp/8250rpm、最大トルク57.1kgmのスペックに変更はない。気筒休止システムによって、燃費とCO2性能を改善。CO2排出量は283g/kmへ引き下げられた。

さらに2016年モデルでは、4WDシステムの電子制御を改良。ランボルギーニによると、とくにSTRADAモードにおいて、ドライビング性能を向上させているという。

この他、内装を中心に改良。レザーの使用部分を、ドアハンドルやセンターコンソールの上部にまで拡大。空調吹き出し口は、マットブラックで塗装している。

  • 森脇稔
  • ランボルギーニ ウラカンの2016年型
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ