神戸製鋼、中国で線材二次加工する合弁工場の生産能力を増強

業界 レスポンス

神戸製鋼所は、中国浙江省平湖市の特殊鋼線材二次加工拠点である神鋼特殊鋼線平湖(KSP)が生産能力を増強すると発表した。

KSPに出資している神鋼商事、大阪精工、名北工業などと合意した。KSPは、自動車用ボルト・ナット、軸受製品などに使用される「冷間圧造用ワイヤー」を部品メーカー向けに供給するため、2007年に設立、2009年に本格操業を開始した。

同ワイヤーの母材である特殊鋼線材は、神戸製鋼が全て供給し、中国で高品質の部品製造を日本国内同様の高品質な素材で製造できるようサポートしている。

中国での自動車生産台数は、順調に拡大を続けており、KSPは日系自動車部品メーカー向けの「冷間圧造用ワイヤー」では最大のシェアを持つ。今回、4期目の生産能力増強として、酸洗設備を1基増設する。2016年12月から稼働する予定で、製品の生産能力を現状の月間約3500トンから約4900トンへ引き上げる。

  • レスポンス編集部
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ