【SUPER GT】ホンダ、CR-Z GTでのGT300クラス参戦を今季で終了

モータースポーツ レスポンス

ホンダは11日、SUPER GTシリーズにおける「CR-Z GT」でのGT300クラス参戦を今季で終了することを発表した。

ハイブリッドレーサーのCR-Z GTは、2012年シーズン途中からGT300クラス参戦を開始。2カーでのフル参戦となった翌13年には、ARTA CR-Z GTの高木真一&小林崇志が第3戦セパンで初優勝を飾り、武藤英紀&中山友貴を擁して戦ったチーム無限(MUGEN CR-Z GT)がドライバーズ&チームタイトルを獲得するなど、活躍してきた。SUPER GTのシリーズ戦ではこれまでに通算4勝。ARTAの1台のみで参戦となった今季も、第4戦富士で高木&小林が勝利を挙げている。

14年からGT500クラスに参戦している「NSX CONCEPT-GT」にもノウハウが活かされるなど、国内トップレース戦線における本格ハイブリッドレーサーの草分け的存在でもあったCR-Z GTだが、今季最終戦ツインリンクもてぎ(11月15日決勝)で勇退というかたちになった。

なおホンダは、12月6日にもてぎで開催される「Honda Racing THANKS DAY」においてCR-Z GTのファイナルセレモニーを実施予定であることも発表している。

  • 遠藤俊幸
  • #55 ARTA CR-Z GT(2015年)写真:Honda
  • #55 CR-Zの高木&小林は今季第4戦富士で勝利。写真:Honda
  • 今季も#55 ARTA CR-Z GTで戦っている(左から)鈴木亜久里監督、小林、高木、土屋圭市エグゼクティブアドバイザー。写真:Honda
  • #55 ARTA CR-Z GT(2015年)写真:Honda
  • 2013年にMUGEN CR-Z GTでシリーズを制した時の中山(左)と武藤。写真:Honda
  • 2013年シーズンの#16 MUGEN CR-Z GT。写真:Honda
  • 2013年、チーム無限のGT300ドライバーズ&チームタイトル獲得を祝しての記念撮影。写真:Honda
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ