ユニキャリア、新開発ターボディーゼル搭載のフォークリフトを発売

新車 レスポンス

ユニキャリアは、ディーゼル式フォークリフト「FOZE」と「FX」に新開発アドバンスド・ターボ・ディーゼル(ATD)仕様を追加して販売を開始した。

ATDは、可変容量ターボチャージャーの採用とコモンレール式燃料噴射システムの最適制御で排出ガス中の粒子状物質など、有害物質を大幅低減し、2014年排出ガス規制に適合する。また、可変容量ターボチャージャーの最適制御で、パワー性能の維持と低燃費を両立させる。CO2排出量はFOZEで最大24%、FXで最大30%低減する。

環境意識の高まりと、グローバルで拡大する物流現場のニーズに対応して、環境性能と作業効率を両立するATD仕様を追加設定する。

価格はFOZEのATD仕様が397万円、FXのATD仕様が700万円。

  • レスポンス編集部
  • ATD仕様のディーゼル式フォークリフト「FX」《画像 ユニキャリア》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ