【東京モーターショー15】総合的にユーザーメリットになるように…ダイハツディーベース

新車 レスポンス

ダイハツが東京モーターショー15に出展した『ディーベース(D-base)』は、徹底的に空力を追求しつつも、それを現実的なデザインで表現したコンセプトカーである。

空力を追求しつつも、それだけでは終わっていない。「我々が追求したかったのは空力だけが極限まで良いクルマではなく、例えば、タイヤも、幅が狭くて径の大きなタイヤを採用し、燃費に貢献できることを提案している」とは、ダイハツ工業デザイン部デザイン室課長の芝垣登志男さんの弁。

つまり、ディーベースが目指したものは、「空力も当然燃費に貢献するので、そういったことを踏まえて、ユーザーに最適な価格や、使い勝手などクルマトータルとして提案できれば、ダイハツとしての使命が果たせると思っている」と話す。

ディーベースは、空力のデザインを強調したいことから、ちょっとしたモチーフやボディカラーにもこだわった。芝垣さんは、「フロントのヘッドランプからエンブレムを通るラインや、リアのテールランプからテールゲートの下を通るラインによって、飛行機の翼をイメージできるようなデザインを象徴的に採用し、空力を意識したクルマというアピールをしている」と説明。

ボディカラーについても、「特徴的なカラーで、空気みたいにすうっと流れるような、どちらかというと涼しげな印象を与えたかった」とコメントした。

  • 内田俊一
  • ダイハツ ディーベース《撮影 内田俊一》
  • ダイハツ ディーベース《撮影 内田俊一》
  • ダイハツ ディーベース《撮影 内田俊一》
  • ダイハツ ディーベース《撮影 内田俊一》
  • ダイハツ ディーベース《撮影 内田俊一》
  • ダイハツ ディーベース《撮影 内田俊一》
  • ダイハツ ディーベース《撮影 内田俊一》
  • ダイハツ ディーベース《撮影 内田俊一》
  • ダイハツ ディーベース《撮影 内田俊一》
  • ダイハツ ディーベース《撮影 内田俊一》
  • ダイハツ ディーベース《撮影 内田俊一》
  • ダイハツ ディーベース《撮影 内田俊一》
  • ダイハツ ディーベース《撮影 内田俊一》
  • ダイハツ ディーベース《撮影 内田俊一》
  • ダイハツ ディーベース《撮影 内田俊一》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ