ホンダ、CBR250R のトリコロールカラーを変更…斬新な特別カラーも受注期間限定で発売

モーターサイクル レスポンス

ホンダは、軽二輪ロードスポーツ『CBR250R』のカラーリングを一部変更し、2016年1月15日に発売する。また、特別カラーの『CBR250R<ABS>スペシャルエディション』を受注期間限定で12月7日に発売する。

CBR250Rは、250cc単気筒エンジンを搭載したスポーツモデル。街乗りからスポーツライディングまで対応する走行性能と、CBR1000RRのエアロダイナミクスを継承するデザインで多くの支持を集めている。

今回、ホンダスポーツモデルの象徴的なカラーである「トリコロール」のカラーリングデザインを変更。ロスホワイトを基調に、鮮烈なレッドと、色調が異なる2色のブルーのカラーリングを施すとともに新たにゴールドのラインを配し、アンダーカウルをブラックとすることでトリコロールのイメージをより鮮やかに際立たせている。また、ウインドスクリーン下部に施されたカラーリングの色調を変更することで、よりスポーティーなイメージを演出している。

車体色はABSタイプとともに、トリコロールイメージのロスホワイトのほか、現行のミレニアムレッド、ブラックの全3色を設定した。

CBR250R<ABS>スペシャルエディションには、CBRシリーズの既存イメージにとらわれない、ハイコントラスト色によるカラーリングデザインを採用。CBR250Rの新たな魅力を提案するレモンアイスイエローとキャンディーエナジーオレンジの全2色を設定している。

価格は49万8960円から56万5920円。スペシャルエディションは11月13日から12月25日までの受注期間限定で、価格は56万0520円。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • ホンダ BR250R<ABS>スペシャルエディション
  • ホンダ CBR250R
  • ホンダ CBR250R<ABS>
  • ホンダ BR250R<ABS>スペシャルエディション
  • ホンダ BR250R<ABS>スペシャルエディション
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ