【MINI クラブマン 新型】「らしさ」生かしながら拡大した室内と荷室

新車 レスポンス

新型MINI『クラブマン』は、MINIのデザイン言語、あるいはデザイン文法の定義を踏まえデザインされているという。

フロントでは、六角形のグリルや、円形のヘッドライトによってMINIらしさを表現。サイドでは、「ルーフ、キャビン、ボディと三つのデザイン要素で構成されているという点が、MINI独自のデザイン言語で構成されているところだが、拡大されたホイールベースと全長によって、よりゆとりが感じられるデザインになっている」と説明するのは、BMW MINIディビジョンプロダクト・マーケティング マネジャーの岡田信之さん。

また、「比較的切り立ったテールゲートや、のびやかなルーフラインなどから、クラブマンらしいデザインも維持している」という。

リアに関しては、「伝統的に採用しているスプリットドア、いわゆる観音開きのバックドアを採用し、これがクラブマン最大のハイライトだ」と岡田さん。それ以外にも、新たなデザインのチャレンジである、「水平方向に配置されたテールライトによって、リアのデザインを引き立てている」と述べる。

クラブマンのショルダーラインに目を向けると、先代よりもふくよかな局面を描いていることに気づく。これは、拡大された全幅によって可能となった、“カスケーティングライン”と呼ばれるもので、「非常にエモーショナルで、このクルマのハイライトになっている」と話す。

拡大された全幅は、居住性や荷室にも生かされており、「現在販売されているMINI 5ドアと比べて、全長で270mm長く、全幅は75mmワイドになった。その結果、リアのニールームは、50mmの余裕が生まれた。トランク容量もプレミアムコンパクトセグメントに相応しく、360リットルを確保することができた」と語った。

  • 内田俊一
  • MINI クラブマン《撮影 内田俊一》
  • MINI クラブマン《撮影 内田俊一》
  • MINI クラブマン《撮影 内田俊一》
  • MINI クラブマン《撮影 内田俊一》
  • MINI クラブマン《撮影 内田俊一》
  • MINI クラブマン《撮影 内田俊一》
  • MINI クラブマン《撮影 内田俊一》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ